紫外線で薄毛になる?

紫外線で薄毛になる?

紫外線で薄毛になる?

紫外線によって薄毛が起こるという話がありますが、これは果たして本当なのでしょうか。そのメカニズムや対策について今回は考えてみましょう。まず、先に結論を言ってしまいますが、紫外線によって薄毛が生じる可能性は極めて高いと言ってしまって良いでしょう。

 

その最大の理由は、頭皮が傷ついてダメージを負ってしまうからです。紫外線が頭皮になたると、日焼けまではしなくても皮膚がダメージを確実に受けてしまいます。日焼けというのはそれが過度になって炎症や火傷を生じる状態です。

 

皮膚がダメージを受けてしまうと、基本的に髪の毛は生えにくくなってしまいます。こうしたメカニズムを考えると、紫外線によって薄毛が生じるということについてはほぼ間違いないということはできるでしょう。ただ、どの程度の影響があるかはわかりません。

 

また、皮脂が紫外線にあたってしまうと酸化するようになるのですが、この酸化というのは老化現象を招くとして最近注目されていて、抗酸化成分によってアンチエイジングができるとも言われています。

 

ご存知のとおり、薄毛というのは老化現象の一つでもありますから、老化を促す紫外線はやはり避けるべきものということができます。ですから、紫外線対策は必ず必要で、この有無によって頭皮の健康が左右されてしまうと言っていいでしょう。

 

頭に関することですから、やはり紫外線をシャットアウトするためには帽子の着用が一番確実な方法です。しかしながら、よく言われるように帽子をかぶることで頭皮が蒸れてしまいます。すると、汗や皮脂の蒸発を妨げますから、頭皮環境を悪くしてしまうというのは事実です。

 

ですから、これは定期的に汗を拭う、建物の中ではちゃんと脱ぐ、などの基本的なことを徹底しておけば大丈夫でしょう。紫外線対策に気をつけて、大事な頭皮を守りましょう。

 

こちらも参考にどうぞ>>>髪の分け目は毎日変えた方がいい?

copyright 2016 副鼻腔炎を治す方法!市販薬は効くの? All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。