円形脱毛症の子供が注意したいこと

円形脱毛症の子供が注意したいこと

円形脱毛症の子供が注意したいこと

円形脱毛症は、男女・年齢の別なく現れることがある症状です。年齢の別なくといっても小学生以下の子供にまさか起こることはないだろうと思われるかもしれませんが、小さな子供でも円形脱毛症になることがあります。

 

この場合、より年齢が上がってから円形脱毛症になるより、大人になってからも円形脱毛を再発することが多いという傾向があります。子供の頃に円形脱毛症になった人が必ずしも成人してから円形脱毛を再発するとは限りませんが、注意しておくに越したことはありません。

 

子供といっても、15歳の頃に円形脱毛症になった場合と5歳の頃に円形脱毛症になった場合とでは影響が異なるようです。子供の頃に円形脱毛症になってしまう原因は定かでないため、予防をするのが困難です。

 

しかし、原因の一つには大人と同じようにストレスが関係しているという説もあります。思春期の子供にはストレスがたまってしまうような悩みも多く、特に最近では幼児であってもストレスに悩んでしまうようなシーンが増えています。

 

また、何らかの原因で円形脱毛症になってしまった子供が、学校の友達などに脱毛を知られて騒ぎになってしまう可能性も少なくありません。そんなときには、傷ついてトラウマになってしまう場合もあります。

 

せめてそんなことにならないように、頭皮用スプレーを使うなど周りの子供に知られないように隠してあげることが大切です。大人の場合ならウィッグ(かつら)などで脱毛部分を隠す方法もありますが、子供の場合は逆に不自然になってしまうこともあります。皮膚科に相談するなどして、上手な対応法を相談してみたほうがよいでしょう。

copyright 2016 副鼻腔炎を治す方法!市販薬は効くの? All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。